2016年

3月

21日

泣くのは原始的なストレス解消法

泣いては寝て、起きては泣いて。
泣いては寝て、起きては泣いて。
こんにちは!
自然療法 野田みよこです。


子どもの感受性って大人の何倍だと思いますか?











100倍だそうです。




数字に表せるものではないのですが、子どもってものすごく感受性が豊かなのですね。


先日ママ友が

「愛珠大丈夫だった?クラスのみんなの前で先生にかなりがっつり怒られたから、うちの娘が心配してたんだ」

と聞いてくれました。


それは半月ほど前の事だそう。


そんなことがあったんだ。
記憶を遡りヒントを探す。



そう言えば上唇が荒れて真っ赤になってたから、学校で何かあった?と聞いたことがあったな、ちょうど半月ほど前だ。


愛珠はストレスが溜まると上唇を噛みしめる癖がある。


その時は「何にもないよ」と言ってたのだけど、掘り下げられたくないのだろうと思い、見守ることにした。



いつにも増して怒りっぽい、読書に耽る。



怒りは二次感情、その下に何がある?
ざわつく感情を感じないために貪るように本を読む。


相当溜まってるんだろうなと思ったけど、糸口が見つからないので引き続き観察することに。


先のママ友との会話がヒントになり、愛珠に聞いてみようとチャンスを待っていた。


昨日。
二人きりで車に乗っていた時に、それとなく聞いてみた。


「先生に怒られたんだって?もしかしてお母さんが提出物忘れちゃってて愛珠が怒られたの?」

「違うよ。テストに"見ましたサイン"もらったと思ってたけど、他の日のと勘違いしててお母さんに見せてなかったの。それで怒られた」

娘は勘違いだったと言えなかった。

「もし先生に愛珠の思ってることがうまく伝わらなかったら、お母さんに教えてね、先生に伝わるように一緒に言葉を考えようね。」

と言ったら、パッと顔色が、瞳孔の開き具合が変わった。


あぁ〜、わだかまりが解けたな、と感じた瞬間でした。


結構、ケロっとしてたので、もしかしたら私が考えるよりも彼女は逞しいのかも。

と、思いましたが、かなりのダメージだったね。

子どもの感受性は大人の100倍ですからね。

結構ダメージ大きいよね。


とても大きな衝撃、悲しみ、怒りでその時に処理できないと脳が判断すると、それらはサッと潜在意識に放り込まれます。

今回の愛珠もそのようでした。

でもお母さんも一緒がいてくれるなら感情処理できるかも!

と顕在意識に戻してきた。


そして今朝からのお熱。

非自己を排除しようとしての身体の反応。

身体が認識する自己、非自己は物質的なものだけでなく、感情的なものでもあるのです。

自分らしくないもの(感情・老廃物)が溜まりに溜まったら、それらを排出すべく感情の爆発、お熱、嘔吐下痢などの身体的症状となって現れます。


小学生になってから泣いて発散することがグッと減り、他の方法で自分なりに処理できるようになっていた愛珠。


それでも大きい感情処理は泣くのが一番手っ取り早いんだね。

「お熱だから今夜バイキング行けない〜・涙」

「お母さん、側にいて〜・涙」

「しんた、静かにして〜・涙」

うぇーん!と、湧き上がる感情を抑えずに泣く姿は、幼い頃の愛珠と変わらない。

普段は弟に譲ることが多いけれど、今日は絶対譲らなかったもんね。

母、一安心の出来事でした。


怒られると・・・

・ヘラヘラしてる、笑ってごまかす
・聞いてないふり
・逆ギレ

などの態度をとるお子さんは、実はかなりガラスのハートです。

ご注意を!


子どもに伝わる叱り方はメルマガで書きますね。


唐草紬、八掛がピンクっぽい紫でお気に入り。似た色の帯締めとの出会い待ち。
唐草紬、八掛がピンクっぽい紫でお気に入り。似た色の帯締めとの出会い待ち。

新着情報!!

 

ただいま、ゆっくり改装中!